• ホーム
  • 第2世代低用量ピルの説明と基礎体温との関係

第2世代低用量ピルの説明と基礎体温との関係

薬のスプーンを持つ女性

ピルは、ホルモン剤の配合量により高容量、中容量、低用量、超低用量に分類されています。
低用量ピルは、ホルモン剤の種類により第1世代~第4世代に分類されています。
第2世代は、合成黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが配合され、第1世代に比べてホルモンの総量が少なくなっていますが、第2世代低用量ピルはアンドロゲン作用が強く、体重増加や体毛の増加、ニキビなどのデメリットがあります。
特にホルモン量が少ないヤーズという超低用量ピルの場合は、卵胞ホルモン量が国内最低量で抑えられているので副作用の軽減がみられます。
病院での処方だけでなく通販でヤーズを手に入れることができます。

低用量ピルは開発されて以来、避妊効果を損なうことなく副作用の発現を抑えるよう、主に卵胞ホルモン(女性ホルモンの1種)の含有量を可能な限り少なくする試行錯誤がされてきました。 ヤーズに配合されている卵胞ホルモンの含有量は0.02mgで、従来の低用量ピルと比べて2/3から1/2の量に抑えられています。この配慮によって生理痛の軽減を可能にし、経口避妊薬としての効果を保ちつつ、副作用の発現は少ない、女性にやさしい理想的なピルです。 ヤーズは月経(生理)に伴う不調から女性の負担を減らすために開発された低用量ピルです。卵胞ホルモンの配合量が少ない低用量ピルの中でも特に成分含量が少ないヤーズは「超低用量ピル」と呼ばれています。

引用元:ヤーズ - 通販価格:3,780円【正規品28%OFF】|薬の通販オンライン

第2世代低用量ピルには、ホルモン剤の配合量が均一な一相性、ホルモン剤の配合量の異なる2種類の薬剤を服用する2相性、ホルモン剤の配合量が異なる3種類の薬剤を服用する3相性があります。
又、3相性の中には、服用中間期にホルモン剤の配合量が増える中間増量型や徐々にホルモン剤の配合量が増えていく漸増型などがあります。
特に漸増型は、ホルモンの摂取量がより自然なホルモンバランスとされ、体に対する負担が少ないメリットがあります。
第2世代ピルは、比較的副作用が比較的少ないとされていますが、頭痛や全身の倦怠感、吐き気などの軽度の副作用症状が発現するケースもあり、稀に静脈血栓症を発症するケースがあり、第2世代低用量ピルの服用者の静脈血栓症の発症リスクは2倍~3倍ですが、分娩後12週間や妊娠中の静脈血栓症の発症リスクは3倍~8倍と非常に高くなっています。
ピルは黄体ホルモンと卵黄ホルモンの作用により排卵を抑制する為に、ピル服用期間の基礎体温は体温の低い低温相より少し高めの体温で安定するのが一般的ですが、稀に基礎体温が高低に動き安定しないケースもあり、ピル服用中の基礎体温の検温は、必要無いとされています。

関連記事
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧