• ホーム
  • 月経が楽になる低用量ピルは病院で処方してもらえる

月経が楽になる低用量ピルは病院で処方してもらえる

避妊薬として広く知られているピルは、女性にはつきものである月経に関する、様々な問題を改善させてくれる効能も認められており、婦人科系の病院では、そのような治療に用いられることも多いものです。
特にここ数年で、低用量ピルが解禁となったことによって、より安全にピルを服用できる環境が整い、女性の生活を格段に向上させられるようになっています。
月経は煩わしいものではありますが、女性が子供を産めるということの証でもあり、健康のバロメーターであるとも言われています。
体調を崩すと月経周期が乱れることもあるし、ダイエットをしすぎると月経が止まってしまうこともあります。
またこの毎月の生理には、女性それぞれの体質によって周期や期間、生理痛の有無や経血量など、大きく差があり、毎日同じように過ごせる方と、生理前から生理期間中にわたって、寝込んでしまうほど生理が重いという方もいます。
低用量ピルを服用するようになると、ホルモンバランスが整うようになるため、こういった問題が改善され、生理自体がとても軽くなります。
病院を受診すると、まずは問診や内診など様々な検査を行います。
性感染症の検査や血液検査なども行う場合もあり、低用量ピルを服用しても問題ない身体であるかどうかを、しっかりと調べます。
この検査をパスしたら、いろいろな種類がある中からもっとも適したピルを処方してもらい、指示通りに服用し始めます。
後は毎日飲み忘れることなく服用すればよいだけなので、実に手軽に体調管理ができるようになります。
なお、かかる費用は、病院側が設定した薬代や必要とされる検査の種類にもよるので一概には言えませんが、次回からの薬の処方だけになれば、かなり安く収まるようになります。

関連記事