• ホーム
  • ピルの不正出血の対処法を知っておきましょう

ピルの不正出血の対処法を知っておきましょう

笑顔の女性

生理不順や生理痛を改善するためや、望まない妊娠を避けるためにピルを服用している人が多いです。
低用量ピルは比較的副作用が少なく安全性が高いですが、飲み始めの頃に不正出血が見られることがよくあります。
ピルを服用していない時は、子宮内膜が厚くなってきますが、ピルを2、3シート服用すると、子宮内膜が薄くなるため、不正出血が見られることが多いです。
飲み始めの頃の出血はしばらくすると自然に治まってくることが多いため、特に対処をする必要がありません。
喫煙者は不正出血が見られることが多いため、本数を減らすようにするか、禁煙をするようにして下さい。
不正出血が見られても避妊効果には問題ないので、安心して下さい。
長期間ピルを服用している人は、ホルモンの影響で子宮内膜がもろくなっていることが多いため、不正出血が続くことがあります。
婦人科に通院をすると出血を抑えるプレマリンという薬を処方してくれるので、一日に一回服用することで、一週間ぐらいで改善することが多いです。
長く出血が続く時は、一旦服用を中止して、信頼できる医師に診察をしてもらう必要があります。
出血が続く時は、対処法を知っておくといざという時に慌てなくて済みます。
出血が続いた時は、医師に相談するとピルの種類を変えてもらうなどの対処をしてくれます。
比較的、副作用の少ないピルを処方してくれるので、しばらくの間は続けることが大切です。
ピルは服用を中断すると、避妊効果がなくなるので、コンドームなどのほかの避妊法で対処をすることが大切です。
不正出血はほとんどの場合は問題ないことが多いですが、薬を服用することで出血が止まることが多いです。
正しく服用をすることで、高い避妊効果を得ることができます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧